大倉山で行列ができる!カヌレと焼き菓子専門店「galbe yokohama」

みなさんカヌレはお好きですか?

1990年代に日本で大ブームになったカヌレですが、今また魅惑的に進化して再ブームを巻き起こしています。

カヌレとはフランスのボルドー地方の伝統菓子で、正式名称はカヌレ・ド・ボルドー。

今回ご紹介する「galbe yokohama(以下:galbe)」は、フランスの伝統的な焼き方にこだわった、横浜初のカヌレ専門店です。

それではさっそく、その魅力をお伝えしましょう。

お店に流れるやわらかな空気

大倉山駅を出て右手に進むと、1分もしないうちにすてきな黒い看板を発見。1階のお花屋さんの脇を抜けて階段を登ると、優しい光に照らされた扉がありました。

扉を開けた瞬間に、「いらっしゃいませ。順番にお伺いしますので少々お待ちください」と、優しい声が聞こえてきました。

開店時間を5分過ぎたところで、店内にすでにお客さんが3人。私の後ろには2人のお客さんがいらっしゃいました。平日の朝一番でこれですから、土日は大行列になること必至です。

お店に一歩入ると、甘くやわらかな空気が流れていました。清潔な白いコックコートに身を包んだ女性たちが、焼き菓子ひとつひとつを丁寧に扱っています。

コンクリートと木を基調にしたシンプルな内装が、カヌレと焼き菓子の美しさを際立たせていました。

店内には銅製のカヌレ型がレジのトレーや、壁際などにかわいらしく飾られていました。ステキな銅製のライトも、お店全体に統一感を作りだしていてとても落ち着きます。

こちらのお店のカヌレは、フランスの伝統的な焼き方にこだわり、銅製のカヌレ型と蜜蝋を使用しています。(お店HP参考)

外側はカリッと、なかはモチッとした食感を生み出しているのはこの伝統的スタイルからくるのでしょうか。

5種類の定番カヌレを紹介!

カヌレは、下記の5種類が定番商品です。

  • プレーン(ダークラムとタヒチ産のバニラを使用したスタンダードカヌレ)
  • ピスタチオ(ピスタチオペーストを贅沢に使用した ピスタチオの風味香るカヌレ)
  • キャラメル(自家製キャラメルをベースとしたカヌレ 濃厚なキャラメルバタークリームをトッピング)
  • フランボワーズ(フランボワーズをカヌレ生地に混ぜ込み焼き上げた 上品な香りと酸味のあるカヌレ)
  • 抹茶(播磨園の有機宇治抹茶を使用 濃い抹茶の心地良い渋みが味わい深いカヌレ)

各種フレーバーごとに、生地から丁寧に作りあげています。

1990年代のカヌレにはなかった、キャラメルクリームやピスタチオペースト、抹茶などのアレンジが加わり、バリエーションが豊かになっているのが進化系カヌレの特徴です。

「カヌレ」だけじゃない!こだわりの品々

こちらの店名である「galbe」は、フランス語で「美しい曲線」という意味だそうです。壁のカヌレ型のデザインが店名を象徴。カヌレへの熱い思いを感じます。

店内にはカヌレや焼き菓子にあう、こだわりのコーヒーや紅茶や作家さんによるモダンなうつわも販売されていました。

フールセック、フィナンシェ、スコーン、マフィン、ガレットなどの焼き菓子もあり、どれもこだわりの一品です。

抹茶フェアはなくなりしだい終了!

現在「抹茶フェア」が開催されており、抹茶を使った商品がたくさんあります。

  • 抹茶のダックワーズ
  • 抹茶とホワイトチョコのスコーン
  • 抹茶と和栗のモンブランタルト
  • 抹茶のバスクチーズケーキ

まさに抹茶づくし!あまりの美しさにしばし見とれてしまいました。こちらの4種類は材料がなくなりしだい終了になるそうです。

そして、進化系カヌレをまた発見!

和かぬれは、抹茶のカヌレの上にあんこバターと、もちもちのぎゅうひがふんわりと乗っていてとてもキュートです。まるで天の羽衣を着ているかのような異次元カヌレ。発想の豊かさに驚かされます。こちらのカヌレは少量ですが毎日店頭に並ぶそうです。

しかしその隣のきな粉餅カヌレは期間限定です。きな粉、ぎゅうひ、塩バター、黒蜜、こしあんという和菓子の要素がふんだんに織り込まれたカヌレ。見ているだけでわくわくしますね。

枠にとらわれない「進化系カヌレ」と言えるでしょう。
気になる方はなるべく早くお店に行ってみてくださいね。

今までのカヌレはカヌレじゃなかった…?!

今回は伝統的なカヌレを食べてみたくて、プレーン味を購入しました。

一口食べたら、びっくりするようなバリッモチッとした食感。そして豊かなバニラとラムの香りです。「今まで食べていたカヌレはもしかしてカヌレではなかったのでは?」と考えてしまうほどでした。とにかくおいしい!やみつきです。

今回ご紹介した「galbe yokohama」は、カヌレ・ド・ボルドーの原点を忘れることなく、そのうえでさらに進化しています。それが人の心をとらえて離さない理由なのかもしれません。

まさに並んででも買いたくなるカヌレ。みなさんもぜひ一度食べてみてください。

カヌレと焼き菓子専門店 「galbe yokohama」
住所:神奈川県横浜市港北区大倉山2-2-1 エルム392 2-B(2F)
アクセス:東急東横線大倉山駅徒歩1分
TEL:045-718-6551
営業時間:10:00-売り切れ次第閉店
定休日:月曜日