【弘明寺】住宅街に佇む赤いえんとつが目印のパン屋さん「よもぱん」

「焼きたて・出来立て」のパンを食べると、思わず「美味しい!」と口に出てしまうのは、私だけでしょうか?

子どものころ、私が住んでいた家の徒歩圏内に小さなパン屋さんがありました。そのパン屋さんの出来立てのあんドーナツが非常に美味しくて美味しくて…!

あんドーナツができる時刻を告知してくれていたので、時間を合わせて母と一緒に買いに行ってたことを今でも覚えています。

今回紹介するのは、京浜急行線「弘明寺(ぐみょうじ)」駅から徒歩6分ほどのところにあるパン屋さん「よもぱん」です。あなたの住んでいる街に「よもぱん」のようなパン屋さんがあれば、きっとファンになりますよ。魅力をたっぷり伝えていきますね。

家の近所にあったら絶対に行きたくなる「よもぱん」の紹介

「よもぱん」は、2018年2月15日にオープンしたお店です。夫婦2人でお店を切り盛りしていて、お店のコンセプト「あなたのお気に入りのパンが見つかるお店」からは、多くの人に愛される温かいお店づくりをされていることが想像できます。

シェフ夫人が子どものころから「家の近所にこんなパン屋さんがあったらいいなぁ」と思い続けていたものをギュッと詰め込んだお店となっていて、のちほど紹介しますがお店のところどころで工夫がされていました。

お店は一般住宅をアレンジしたような作りになっています。外観は赤いえんとつも特徴ですが、お店の前に着くと入口の横にある大きな赤い看板に目がいきます。

どれも食べたくなる豊富なパンのメニュー!

店内に入ると、すぐに並んでいるパンに目がいきます。多くのパン屋さんは、トレーを持って欲しいパンをトングで掴んでいく方式ですが、「よもぱん」は店内入り口でアルコール消毒を施して手で掴んでいく方式になっているのが特徴的です。

そのため、一つひとつのパンが手で掴んでも平気なようにビニール袋に入って並べられています。手作りが伝わってきますよね!そしてお値段がとてもリーズナブルなことも嬉しい限りです。

このように、少し大きめの角形サイズのパンも並んでいます。クリスマスツリーも飾られていて、オシャレになっていますね!

POPは手書きなのですが、個人的には手書きだとお店の雰囲気も伝わってきて好きなんです。この気持ち、わかってもらえる方はいませんか…?どの商品が人気で限定商品なのかがわかると、ついつい手が伸びてしまうことがあります。個人店ならではの親しみやすさのようなものを感じ、私は大好きです!

大人気のため、品切れしてしまうことも…

お店を訪問した日は午前中だったので品揃えがよかったのですが、週末は午後になると品切れになることが多いとのことです。

「よもぱん」のパンを食べることを楽しみにお店まで行ったにもかかわらず、閉店していたり目当ての商品が完売していたときはショックですよね…。

食べたいパンを確実に購入したい人向けに、「よもぱん」では「事前予約」と「LINE」のサービスをおこなっています。以下で詳しく紹介しますね。
【ホームページで事前予約する】「よもぱん」ではパンの事前予約サービスをおこなっています。ホームページ下部にある予約フォームに必要事項を入力した上で送信すれば予約完了!予約は受取希望日の前日18時00分までです。料金支払いは、受け取り時に店頭にておこないます。
【公式LINEに登録する】「よもぱん」の公式LINEでは、以下のような内容を発信しています。

  • 閉店時間前の完売閉店
  • 急な臨時休業
  • 夕方の状況…まだまだありますよ!
  • 本日限定商品 など

最下部の「パンの事前予約ページ」にアクセスして、必要事項を入力した上で送信すれば予約完了!受取希望日の前日18時00分までなのと、料金支払いを店頭にておこなうのはホームページ上で事前予約した場合と同様です。LINEはホームページに掲載のQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

「よもぱん」はたくさんの「夢」が詰まった素敵なお店

最後に、実際に私がお店に行ってみて思ったことをストレートに伝えます。

この写真は、店内に飾られていた近隣の小学校からのお便りメッセージでしょうか。決して広い店内とは言えないため、このスペースでも商品を並べることも可能だったはずです。にもかかわらず、子どもたちからのメッセージをこのように飾っていることは、シェフ夫人の理想とするパン屋さん像が大きく影響しているのではないかな?と感じました。

冒頭で書いたように、子どものころの記憶は大人になっても残っているものです。特に、親との思い出や感動した内容は「夢」として強くイメージとして残ります。「よもぱん」はシェフ夫人のたくさんの「夢」が詰まった素敵なお店なんだと思い、感動しました。

店内に入ると、元気で明るいシェフ夫人の声が響いています。奥ではシェフがパンを一生懸命作っている姿が見られます。誰が作ったかわかるパンって本当に安心して食べられます。

焼きたて・出来立てのパンよりも美味しく思えるときだってありませんか?

「あなたの作ったパンだから、食べたいんだ」

こんな言葉を言われたら、私だったら泣くほど喜んじゃいます!

お店を出てからしばらく外にいたのですが、近隣に住んでいるであろうご家族連れだったり、車で来店されたりする方が多く見られました。「よもぱん」は多くの人に愛されているお店なんだろうなと強く思った瞬間でした。

そして、「夢」はまた誰かの「夢」として引き継がれていくのではないでしょうか。

私は一度行って「よもぱん」のファンになりました!記事を読んで興味をもった方は、ぜひあなたのお気に入りのパンを見つけるために「よもぱん」に行ってみてくださいね!

よもぱん
住所:神奈川県横浜市南区永田南2-12-3
アクセス:京浜急行線「弘明寺駅」より徒歩約10分
電話番号:045-872-8710
営業時間:9:00-17:00 ※完売の場合、閉店となります。※ご予約のお客様へのお渡しは19時まで対応。
定休日:火・水・木

※記載情報は取材当時のものです。変更している場合もありますので、ご利用前に公式サイト等でご確認ください。
ABOUT US
ショウ
ショウ
生まれも育ちも横浜の生粋のハマっ子!住んでいる南区の魅力や美味しいグルメ情報をお届けします。