風と空を感じる、MARK IS みなとみらい「みんなの庭」

みなとみらい駅に直結したショッピングモール、「MARK IS みなとみらい」。進化を続けるみなとみらいに2013年にオープンし、今やグルメやショッピングのスポットとして定着しました。

そんな「MARK IS みなとみらい」にはグルメやショッピングを楽しむだけでなく、風光明媚な癒しのスポット、「みんなの庭」があることをご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「MARK IS みなとみらい」の屋上庭園「みんなの庭」を紹介していきます!

MARK IS みなとみらいの屋上庭園「みんなの庭」とは?

みなとみらいの象徴でもあるランドマークや横浜美術館など、見渡すことができるだけでなく、野菜や柑橘類などの木々が植えられていて、大都会のビルの屋上にいながら自然を感じられる場所。

屋上庭園として開園している「みんなの庭」は「MARK IS みなとみらい」の5階に位置しています。5階の出入り口だけでなく、4階のレストランフロアから階段を上がれば「みんなの庭」が見えてきます。

「MARK IS みなとみらい」は“ライフエンタテイメントモール”をコンセプトに、約190店舗が集積する、みなとみらい21地区で最大規模の商業施設です。グルメやファッションだけでなく、生活により密着したスーパーやお惣菜コーナー、おもちゃ屋さんや家電量販店なども入っています。

「みんなの庭」は都会にいながら自然を感じることができるので、ファミリーだけでなくカップルやお友達同士にもおすすめなのんびりできる場所となっています。

コンパクトな農園と柑橘の果樹園

5階の入り口から入ると右側にコンパクトな農園が見えます。おしゃれな柵に囲まれたコンパクトな畑ではレタスやブロッコリー、大根、春菊、ハーブなど、数多く育てられています。

畑や柵の感じもどこか横浜の異国情緒を感じさせるかわいい造りですよね。

左側には神奈川県の柑橘類の代表としても知られる「湘南ゴールド」を始め、レモンや甘夏、ザボン、ハナユズなど柑橘類の木々が植えられています。農園、柑橘類の果樹園の管理はいずれも専門のスタッフがしているとのこと。

「みんなの庭」では種まきや収穫体験、植物の育て方講座、庭に来る生き物について学ぶイベントなどを毎月土日祝日に開催。参加希望の場合はHPから申込みし、抽選で当たった方が参加できる仕組み。現在、1回のイベントでの参加組数は3組までと人数制限されています。参加費は無料。

ファミリー向きのイベントではありますが、食の大切さを学べるうえに、みなとみらいの
都会の街を観ながら野菜やレモンや甘夏など果物の収穫体験ができるって楽しいですよね。

詳細はMARK IS みなとみらいのHPからチェックしてみてください。
MARK IS みなとみらい「みんなの庭」

ランチもティータイムもお外でリフレッシュ

MARK IS みなとみらいは施設内に座るところが多く、ちょっとした休憩がすぐにできます。

「みんなの庭」にもテラス席があり、天気の良い日はテイクアウトしたごはんやお弁当を食べれば非日常気分が味わえます。ティータイムにはお茶とお茶菓子を優雅に楽しむこともできそう。ご時世柄、人との距離感が気になる方にはテラス席がおすすめ。

みなとみらいはこれからまだまだ開発が進むエリアですが、「みんなの庭」はほどよく緑があり、高層ビルではない分、空が抜けて開放感があるのが魅力。

また4階には木々や植物が配置された「ひだまりテラス」があり、ちょっとした散歩ができたり、ベンチに座って風に吹かれるのもありです。

私が訪ねたのは日中でしたが、夕暮れ時や夜はまた違った表情をみせてくれるでしょう。みなとみらいの夜景ショットも狙える絶好のポジション。

グルメやショッピングの合間に、ランチタイムやティータイム、リフレッシュにぜひ、MARK IS みなとみらい「みんなの庭」に行ってみてくださいね。

MARK IS みなとみらい 5F 「みんなの庭」
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1
アクセス:みなとみらい線「みなとみらい駅」直結
TEL:045-244-0650(代表)
営業時間:10:00ー20:00
MARK IS みなとみらいHP
(店舗によって異なりますので、詳しくはHPでご確認ください)
定休日:不定休