春らんまん新生活を豊かに元気に!港南台の「バーズカルチャーセンター」

街中が春の日差しに包まれるこの頃、お子様は新学期、大人の方は新生活や新年度がもうすぐ目の前ですね。
そんな身も心も軽やかな新しい季節に学びをプラスしてはいかがでしょうか?
今回は、「バーズカルチャーセンター」さんをご紹介いたします。

駅近で通いやすさ抜群!!

こちらのバーズカルチャーセンターはJR港南台駅前の商業施設が立ち並ぶ、駅裏徒歩1分の場所にあり、大きなビルの地下1階にあります。

センター内に入ってすぐに店長さんが検温をしてくださいました。

「センター内は受付けや6室あるお教室も扉を開放していて、テーブルを使用する際も間隔をあけたり、定員の人数を減らしたりと対策しながら開催しています!」
と、笑顔でご説明してくれました。
こんなにも心を配りコロナ対策をばっちりしてくださっていて、どなたが通われるにしても安心ですよね!

一流の講師とすばらしい仲間

今回伺った際には、ハワイアンフラの会が開催されており、「バーズカルチャーセンター」の店長さんや講師の先生・生徒のみなさまのご厚意で撮影をさせていただきました。
ハワイアンスタイルの衣装をまとわれた生徒さんたちが、優雅な波のように踊っていらっしゃいました!違う文化に触れてらっしゃるみなさんが、とってもイキイキしていてステキでした。

その他にも施設内受付前には、この春からの新講座で作ることができるさまざまな美しい作品たちが並べられていました。こちらは講師の先生方の作品ですが、習ってみると自分にもできるのかもと期待が高まりますね。

新講座の中のひとつに「糸かけまんだら」があります。
色とりどりの絹糸を釘打ちしてある板などにあわせて、手で編んでいくそうです。
基本の糸かけ曼荼羅から、インテリアやアクセサリーに応用した作品に仕上がります。

「不器用なので繊細な糸が絡まったりしないのか?」という私の不安に店長さんが優しく教えてくれました。

「規則的に掛けていくので、不思議とちゃんとできあがるんですよ。絹糸は日本の伝統色の色名がつけられていてとってもきれいなんですよ!」

とのことでした!!
できあがりの作品はまさにアートと言っても過言ではありません!
自分で創った作品をお部屋に飾れたらうれしさも倍増ですよね!

「現代金継ぎ(純金使用)」なる講座もあり興味をひかれました。

金継ぎは割れや欠け、ひびが入った陶器や磁器などに漆や純金をほどこし蘇らせる技法だそうです。
こちらの講座ではガラスや漆器などを持参しても良いそうです。
物の多い現代だからこそ、修復しながら末永く大切に使用していくことは、サステナブルで素晴らしいことかもしれません。
また次の世代への文化の継承にもなりますね。

講座のバリエーションが豊富

ここ港南台校では「音楽・歌・楽器」なども充実しているそうです。
まだまだご紹介しきれない語学レッスンや書道など教養講座が盛りだくさんです。

センター入り口にはさまざまなフライヤーがあるのでご自分に合ったお好きな内容を検討してみるのも楽しいですね♪

そして年に4回ほど講座のご案内も刷新されるとのことでした。
現在は、とってもお得な春のキャンペーンや無料体験なども開催中とのことでした。
幼稚園児さんからシニア世代まで「バーズカルチャーセンター」でこの春を学びのスタートにしてみませんか!?

「バーズカルチャーセンター」
住所:神奈川県横浜市港南区港南台3-3-1港南台214ビル地下1階
アクセス:JR根岸線・JR京浜東北線「港南台駅」徒歩1分
TEL:045-831-5151(代表)
営業時間:(月~土)10:00ー21:00
    (日)10:00ー18:00
※駐車場完備
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間が記載と異なる場合がございます。事前に店舗にご確認ください。