リピ必至!お肉のおいしさに感動♪東白楽のローストビーフ専門店「フランク」

ローストビーフの画像

JR「東神奈川駅」と東横線「白楽駅」の間に位置する、正直あまり知名度が高くない「東白楽駅」。

そんな東白楽に、わざわざ足を運びたくなるローストビーフの「名店」があるのをご存じでしょうか?

1度食べたらやみつき!職人技が光るお肉料理と細やかな気遣いでお客さんを魅了し続けるステキなお店。

今回は「フランク」さんについてご紹介していきます!

一流シェフが手掛ける超本気のローストビーフ専門店!

オープンは2015年7月。シェフの小熊さんは、フランクをオープンする前は横浜のホテル・ニューグランドなどで25年ほど腕を振るっていたスゴ腕シェフ!

店名のフランクは「ローストビーフを気軽に食べていただけるように…」という想いを込めてつけたそうです。

その名の通り、本格的なローストビーフが味わえるにもかかわらず、1人でも気軽に立ち寄ることができ、家族でも楽しくお食事ができるステキなお店。

食べるシーンや人を選ばない…そんな「優しさ」が店名に込められているのです。

店内はゆったりと落ち着いた雰囲気で、とても居心地がいい。

実はフランクさん、「散歩の達人」「田園都市生活」「ウチくる!?」など雑誌やTVが取材に訪れる「名店」!店内には著名人のサインも飾られています。

店内に入ると「いらっしゃいませ!」とシェフがステキな声で出迎えてくださいます。

平日はお客さんをあたたかく見守る小熊シェフがお1人で、休日はにこやかで包容力のある奥様とお2人で営業されています。

どれをオーダーしても大正解!シェフの腕が光る魅惑のお肉料理♪

フランクさんのお客さんはリピーターさんがほとんど!我が家も5年以上のおつきあい。

1度食べると、あまりのおいしさに衝撃を受け、気が付くと通っている方が実に多い。

それに、お客さんが新たなお客さんを連れてくる光景もよく目にします。

お客さんにとってフランクさんは「自信をもって人に紹介できる自慢のお店」なんです。

フランクさんの魅力は何と言っても、シェフの腕が光る魅惑のお料理。

看板メニューのローストビーフだけでなく、どのメニューを頼んでも「さすがシェフ!」とほれぼれするおいしさ。

お客さんの期待を裏切らない、感動レベルのお料理を提供してくださいます!

お値段以上の満足感、保証しますよ~。

では、ランチメニューについてご紹介!

全部で6種類あります!

「1番人気はだし茶漬で、女性やご年配の方から人気。1度これを食べると、次の来店以降はずっとこれをオーダーするお客様も多いんです」とのこと!

ローストビーフとだしの相性がホントに秀逸で、あっという間に完食してしまいます。


こちらは、和食の料理人さんから習ったという秘伝のおだし。

「追加料金出すので、追加したい!」「だしを持ち帰りたい!」というお客さんがいるほど!

お客さんを「とりこ」にしてしまう絶品だしなんです。

昆布と鰹をベースにした香り高いだしと旨味が、お肉のおいしさを一段と引き立てます。

ちなみに「スパイシーカレー」も大人気!

「毎週、これだけを食べに来るお客様もいるんですよ」とシェフ。

我が家は辛いものが苦手で残念ながら食べたことはないのですが、カレー好きな方はぜひご賞味あれ!

感動レベル!看板メニューのローストビーフ

フランクさんのローストビーフは、巷で販売されているようなローストビーフとは完全に別物。

クオリティが全然違います!

味も見た目も完璧…さすがローストビーフ専門店!と感動する「逸品」。

焼き加減、切り方、味、色、しっとりキメが細かく柔らかな食感…まさに職人技です!

フランクさんでローストビーフをいただいて以降、ここよりおいしいローストビーフに出会ったことがありません。

それくらい、ズバ抜けておいしい。

初めて食べる人は「ローストビーフってこんなにおいしかったっけ?」と度肝を抜かれちゃうかも(笑)。

また、お皿に添えられているわさびやカクテルソース、半熟卵をくぐらせてもおいしい。2度、3度違ったおいしさを楽しめるのも、フランクさんならでは!

このおいしさ、実際に味わって欲しいなー!

こちらもオススメ!「ハーフ&ハーフ」

こちらは初来店の方にオススメ♪人気のローストビーフと和牛もも肉シチューが味わえる超ステキプレート。

シチューは食べごたえのあるお肉がゴロゴロ入っていて、あと引く旨さ!

食べる手が止まりませんよ~!

丁寧な仕事が見える、絶品スープ!

一口飲めばわかりますが、フランクさんのスープは、他店で提供されるようなランチのおまけ用のスープではありません。

手間や時間をかけ、丁寧に作られていることが伝わる「完成度の高い」スープを出してくださいます。

「妥協せず、お客様においしいものを!」そんなシェフの心意気を感じます。

テイクアウトのレベルを超えてる!?最強テイクアウト!

フランクさんのお料理はテイクアウトも可能!電話予約しておけば、待たずにピックアップでき、便利♪

それに、フランクさんのテイクアウトは、なんといってもレベルが高い。

お持たせで持っていけば、喜ばれること間違いなし!

初めてテイクアウトした人は「テイクアウトのレベル、超えてるよ…」と感激しちゃうかも…!

注目!月2回のテイクアウトの日♪

第1・3土曜日は、通常メニューにはない「特別な料理」がテイクアウトで楽しめる日!

ほとんどのメニューが12時30分ごろには完売してしまう大人気のイベントなんです。

どれだけおいしいのか、伝わりますよね(笑)。

特にハンバーグや焼肉丼は、予約分だけで完売になることもしばしば!

そのため、食べたい方は予約必至です!

こちらは大人気の焼肉丼!人気過ぎて年2回に増えたメニューです!

食べたらわかりますが、うまさの破壊力がすごい(笑)。

柔らかくて旨みたっぷりのお肉がたくさん!

食べ終わった後に「しばらく他で焼き肉は食べられない…」そんな覚悟をした絶品メニューです!

新年のスタートをHAPPYに!「肉ざんまい」のおせち!

おせちって、子どもが苦手なものが多かったり、独特なおかずが多いですよね?

でもフランクさんのおせちは、見た目も華やかで、どれを食べてもおいしい!3段のお重いっぱいに子どもも喜ぶ「ごちそう」がたくさんつまっているんです!

「新年早々いいごはんだった~!」と我が家は大満足でした!

温めた方がおいしいものは目印に黒い容器に入れてくださるなど、食べる人のことを考えて作られているのもうれしい。

おせちを初めて手掛けた年は限定15個でしたが、お客さんからの引き合いが強く、今では限定50個に!しかもすべて完売!

「去年も徹夜でつくって、それでも50個が限界!」

年末までお客さんのために奮闘したシェフの苦労がうかがえますが、それだけ多くの方が「フランクさんのお料理は新年を祝うのにふさわしい」と判断しているということ。

お客さんから選ばれるお店であるということを物語っていますよね。

ローストビーフのおいしさの秘訣

シェフが作る絶品ローストビーフの秘訣…気になりますよね?

「当店ではA5の黒毛和牛の内もも肉を使用しています。

和牛は輸入牛と違い、1度も冷凍されていないので臭みがないのが特徴なんです。

和牛は12段階でランクがつけられ、8~12番に該当するものがA5。

当店はその中でも10か11番の最高品質の和牛を使用しています。

A5でも8番だとほぼ赤身で固くて食べづらいし、12番だと脂が多くてお肉の味がしないんです。

実はホテルのローストビーフでも、A5クラスの和牛のもも肉を使うことはほぼないんですよ」

とシェフ。

どれだけいいお肉を使用しているのか、シェフのこだわりが分かりますよね。

「内もも肉を使用しているので、適度なサシがありながら、ヘルシーな点も特徴です。

1番いい肉をお出しできればと!限界ギリギリで頑張っています!」

と熱い想いをお聞かせいただきました。

ローストビーフを作るうえで大切にしていることをうかがうと、

「低温でゆっくりスチームをかけ、『しっとり感』が出るように作っているんです」と教えてくださいました。

実は、お客様に「よりおいしい」と感じでもらえるように、焼き方やスチームの%などさまざまな改良を重ね、今の方法にたどり着いたそうなんです。

最高品質のお肉に「シェフの腕」が加わり、あのおいしいローストビーフができあがるというわけ!

そりゃぁ、おいしいわけです!

お客様に愛される理由

おいしいお料理でファンを魅了し続ける小熊シェフ。

インタビュー前の印象は、お客様をあたたかく見守る寡黙な方というイメージでした。

しかし、実際にお話ししてみると、とてもお話ししやすく、実直で気持ちのいい方!

「ずっと裏方にいたから、お客様との距離感って難しいなって。1人で黙々と食べたいお客様もいるし、話しかけていいのかどうか…」

シェフはそうお話しされていましたが、それはお客さんに心地よく過ごしてほしいという、お客様を想う気持ちが存在するからー。

実際に、シェフのお店はさりげない「お客さんファースト」であふれている。例えば

  • お店の外からでもメニューと価格が分かるようにポップや看板を設けている

 →入店しないとメニューや価格が分からない場合、ちょっと心配な方もいるはず。入店前にそれが分かるので、お客さんに親切ですよね。

  • ローストビーフプレートの場合、お肉の量を選べる

 →食べる量は人それぞれ。だからこそ、自分に適した量を選べるのはうれしい

  • 紙ナプキンや楊子がジッパー付きのケースに入っていて清潔

 →紙ナプキンがテーブルに出しっぱなしのお店も多いですよね。フランクさんはジッパー付きのケースにいれ、補充もきちんとされているので、いつも気持ちがいい。

  • お釣りのお札をはピン札で渡してくださる

 →受け取った時に気持ちがいいですよね!

お料理と同様、接客にも真摯にお客様のことを想うシェフの「誠実さ」が表れているのです。

「自分の作った料理で、お客様がおいしいって言って喜んでくれて、生活できたら最高だよね」

シェフは少し照れくさそうにお話しされていましたが、そんなシェフの誠実でまっすぐな心意気が料理や接客から伝わってくるからこそ、お客さんはフランクさんを選んで通い、ファンになってしまうのです。

取材を通して見えてきたのは、確かな経験と知識、努力、料理人としてのプロ意識の高さ…そして本気でお客様においしいものを食べてもらいたいと真摯に向き合い続ける小熊シェフの姿でした。

いつ食べに行っても最高においしい状態でお料理を出してくださる…そんな確信と安心感、「感動」がお客さんを魅了するのです。

フランクさんのおいしさの1番の秘訣は、シェフの「料理・お客様に対しての真摯な姿勢」なのかもしれません。

シェフの得意料理「パスタ」もメニューに加わる日が来るかも!?

すでにお客さんにとって欠かせない存在になっているフランクさん。今後、チャレンジしていきたい事をうかがうと

「メニューを広げたいね。実は1番得意なのはパスタなので!

フレンチだけでなく、イタリアンも経験していますから♪

ローストビーフなら1人でお店を回しながらでも、お客様に最高においしい状態でお出しできる。

でも、パスタは茹でている間にお客様にお水だしたり、会計していたら、どんどん火が入っちゃうでしょ?

1人じゃ難しいけど、ホールの人を雇えたら、メニューも広げられるかな」と。

意外なお話をうかがい、びっくり!

てっきりローストビーフが1番の得意料理だと思っていました。それを超える得意料理があったなんて!

あのおいしいローストビーフを超えるパスタが味わえるかも…そう思うだけでワクワク!

シェフが作るパスタ…絶対おいしいに決まっている!

ファン全員がその日を楽しみに、期待して待っています♪

そして、初来店の方に向けて一言お願いすると

「どうぞ気楽に来てくださいね!テイクアウトもやっているので、ぜひお待ちしております!」とにっこり!

フランクさんは「料理でお客様を喜ばせたい」という根底がきちんとあるお店。

わざわざ足を運んででも行く価値があるお店です。

おいしいものを食べて元気を出したい時、頑張った時のご褒美に、大事な人と特別な時間を過ごしたい時、ぜひ「フランク」さんに足を運んでみてはいかがでしょうか?

シェフの想いのこもったお料理に感動し、最高に「おいしい時間」を過ごすことができますよ~!

フランク
住所:神奈川県横浜市神奈川区西神奈川2-6-1
アクセス:
東急東横線「東白楽駅」から徒歩2分
京浜東北線「東神奈川駅」から徒歩15分
営業時間:
【ランチ】11:30-15:00(L.O.14:00)
【ディナー】18:00-22:00(L.O.21:00)
※お肉がなくなり次第終了の場合もございます
定休日:不定休(予約状況によります。お休みの際はインスタにてお知らせしています)
電話番号:045-834-8020
公式インスタ:@frank20150704

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。