伝書鳩アルノーがつなぐ地域の交流拠点「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-」港北区篠原町

年季の入った外観の建物に、温かな明かりが灯っているのが見えます。

建物の前にはキッチンカー、そして入口には「営業中」の文字が。

何のお店かな?と興味をそそられます。

本日ご紹介するのは、地域の交流拠点「ARUNŌ -Yokohama Shinohara-(アルノー ヨコハマ シノハラ)」です。

旧・横浜篠原郵便局の跡地に誕生した「ARUNŌ

JR横浜線「新横浜駅」篠原口より徒歩約4分。

「ARUNŌ」は、旧・横浜篠原郵便局の跡地に8月10日にグランドオープンしました。

郵便局時代から引き継いだ外観はそのままに、スタイリッシュにリノベーションされた店内が印象的です。

では、さっそく「ARUNŌ」についてご案内していきましょう!

「ARUNŌ」ってどんなところ?

「ARUNŌ」は、地域の食と文化の交流拠点です。

コンセプトは「未知へのマドグチ」。

人との交流や、新しいことへのチャレンジを後押ししてくれる、自分を新しいセカイにつなげてくれる、そんなパワーを秘めた場所です。

最寄り駅である「新横浜駅」は東海道新幹線の停車駅でもあります。

そのため、新幹線乗り場に隣接したJR横浜線の北口改札外には、駅ビルやホテルが建ち並び、飲食店などのお店が豊富です。

一方、「ARUNŌ」のある篠原口を出ると、飲食店がめっきり姿を消します。

そこに、篠原地域の食と文化の交流拠点として作られたのが「ARUNŌ」です。

「もともと『郵便局』という地域に密接した場所であったからこそ、再出発も地域の拠点となるような場所に」

企画・設計から携わる「株式会社ウミネコアーキ」さんの思いが込められています。

「ARUNŌ」でできること

地域の交流拠点「ARUNŌ」では、店内にある飲食店「フローズンカフェバー」での飲食のほか、次のようなことができます。

  • シェアキッチン
  • マドグチ
  • シェアラウンジ
  • 屋外出店スペース
  • シェアハウス

もりだくさんですね!

詳しく見ていきましょう。

フローズンカフェバー

店内中央、入口のすぐ右にあるのが「フローズンカフェバー」です。

フローズンカフェバーの目的は、地域のフードロスの削減。

横浜エリアの飲食店と提携し、飲食店で残った食材で調理されたおかずやお弁当が急速冷凍され、フローズンカフェバーで提供される、という仕組みです。

フルーツビネガーに入っているブルーベリーや赤しそも横浜産。

横浜のクラフトビール「横浜ラガー」も味わえますよ!

メニューにはイートイン、テイクアウトの両方があります。

そして、本日いただいたのが、写真のフルーツビネガーです。

炭酸とお酢のほどよい刺激とブルーベリーの甘味。

乾いたノドがスーっと潤い、飲みやすくてとてもおいしかったです!

秘密兵器、急速冷凍機!

こちらがフローズンカフェバーの秘密兵器、急速冷凍機です!
貴重な中身公開!

今後は、シェアキッチンやキッチンカーで余剰となった物を急速冷凍し、提供することで、フードロスを防ぐ取り組みも考えていらっしゃるとのことでした。

また、ちょうどこの日は、お店の外に冷凍自販機も設置されたところ。

フローズンカフェバーの開店時間外でも冷凍食品のお買い物ができるようになります。

お仕事で疲れた帰り道でも、気軽に購入できるのはうれしいですね!

シェアキッチン

店内のキッチンを使って、一日だけ、週一回だけ、といった、フレキシブルな飲食店の出店ができます。

最近では、3人の地元主婦の方が一緒にオープンされたビストロが大盛況だったとか。お客さんが、にぎやかにカウンターを囲む様子が目に浮かびますね。

スリランカカレーなど、国際色豊かな出店のご相談も来ているそうです。

お料理教室のデモンストレーションとしても使えるのでは?という案も。

マドグチ

郵便局時代窓口があった場所に設置されているのが、こちらのNEW「マドグチ」です。

一窓ごとにレンタルが可能で、自分の趣味の物を置いて見てもらったり、チャレンジショップとして物品を販売したりすることもできます。

お伺いした際にも、アクセサリーや、カレーや駄菓子などの食べ物、魅力的なアイテムの数々に壁が埋めつくされていました。

どれも気になって目移りしてしまいます。

マドグチ商品の購入方法

マドグチに置かれている商品は、購入の仕方にも味があるのです!

購入希望商品のナンバーを紙に書き、こちらの赤いポストにお金と一緒に投函。

「赤いポスト」というのが郵便局時代を彷彿とさせますね!

横では伝書鳩が優しく見守っていますよ。クルッポー。

ちなみに「ARUNŌ」という名前は、シートン動物記に登場する伝書鳩「アルノー」から決めたそうです。

郵便に縁の深い伝書鳩。

郵便局跡地の再出発ならではのネーミングではないでしょうか。

屋外出店スペースやシェアハウスも

他にも、ミーティングなどができるシェアラウンジや、キッチンカーやポップアップショップなどが出店できる屋外出店スペース、店舗兼用住宅となるシェアハウスもあります。

こちらの写真に写っている青い壁の向こうが、2部屋のシェアハウススペースです。

「ARUNŌ」は、まだ8月にオープンしたばかり。

地域の人と一緒に、これから新しい活動のカタチをどんどん作り上げていく「ARUNŌ」。

ますます楽しみです!

坂道の多い篠原町。でも、坂道の多い地域の住民は平均寿命が長いとか!?

みなさまもぜひ、そんな篠原町の「ARUNŌ」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ARUNŌ -Yokohama Shinohara-
住所:神奈川県横浜市港北区篠原町1410
アクセス: JR横浜線「新横浜駅」篠原口から徒歩約4分
利用可能時間:フローズンカフェバー 11:00-19:00
       シェアキッチン 7:00-23:00
       マドグチ 7:00-22:00
       屋外出店スペース 7:00-22:00

※各コンテンツの利用条件はホームページで、営業情報詳細はInstagramでご案内されています。