元町で発見!おいしい紅茶の専門店「ラ・テイエール」

「元町・中華街」駅の元町口を出て、海の方向へ歩いたビルの一角に、すてきな紅茶専門店があるのをご存知でしょうか?

知る人ぞ知る、横浜の銘品のひとつ「ラ・テイエール」の紅茶。その実力は、「横浜が選んだ横濱ブランド001」にも選ばれるほど。

今回は横浜のお土産に、すてきなティータイムのお供に最適な紅茶専門店「ラ・テイエール」を紹介していきます!

「ラ・テイエール」ってこんなお店

「ラ・テイエール」は「元町・中華街」駅の元町口から徒歩2分、MEGAドンキ・港山下総本店が入っているビル、港山下ナナイロの前の緑の蔦が印象的なビルの一角にあります。

「MARINE BEKERY CAFE」と2階のバーへの階段に挟まれ、よく見てないと見落としてしまいそうな入口です。看板は出ていますが、初めて来られた方は入ることを一瞬ためらってしまう、門構えにみえるかもしれません。

ですが、勇気を出してドアを開けると紅茶の豊潤な香りと、紅茶を知り尽くした、とてもステキな小濱店長が出迎えてくれますよ。

お店の中には、所狭しと紅茶が並んでいます。店内で購入できる紅茶の数、およそ80種類。ネットショップでも定番品やギフト用などが購入できます。入荷数量の少ない限定品の紅茶もたまにあるようです。こういった限定品はお店でしか買えないので、紅茶好きの方、限定品を飲んでみたい方はぜひお店に行ってみてください。

「ラ・テイエール」のおいしい紅茶のヒミツ

「ラ・テイエール」で取り扱っている紅茶はドイツのロンネフェルトのもの。紅茶というとイギリスのトワイニングやフォートナム&メイスン、フランスのマリアージュ・フレール、最近日本でもよく見るようになったシンガポールのTWGなどが、紅茶のブランドとしてよく知られていますよね。

ドイツというとビールやワインのイメージが強く、紅茶のイメージはあまりないのですが、ロンネフェルトは1823年に設立された、ヨーロッパでは知名度の高い老舗の紅茶ブランド。

ドイツの紅茶ってどうなの?と思われる方もいらっしゃることでしょう。

日本人とドイツ人の気質は、どこか似ているところがあると言われています。真面目で職人肌。華やかさはちょっぴり欠けますが、丁寧な仕事ぶり。ライカのカメラや車ではベンツなど、ドイツ製のものは質の高さでも知られていますよね。

ドイツの紅茶は日本ではあまり知られていませんが、こういったドイツの職人気質が受け、一流ホテルやレストランには、業務用としてロンネフェルトの紅茶が入っていることが多いのだそう。こういったことからもロンネフェルトの紅茶が持つ、ポテンシャルの高さが伺えます。

業務用がメインのロンネフェルトの紅茶を個人的にも購入できるのが、「ラ・テイエール」。関東ではロンネフェルトの紅茶を取り扱っているお店が少なく、その味に魅了された方が、わざわざ買いに来られることもあるそうです。

「ラ・テイエール」では予約すると、無料で3種類の紅茶の試飲ができます。さらにプレミアム試飲コースとして、料金1,000円でお店の紅茶全種類が試飲でき、さらに200円プラスすると小濱店長お手製のスコーンもついてくるとのこと。

1組2名まで、1日に試飲予約ができる組数には限りがあります。特に土日は混み合うので、試飲をご希望の際はお店のHPから予約しましょう。

紅茶好きなら一度は試飲してみたいですよね。

おすすめの紅茶、飲んでみました

お店に入るとお客さんの滞在時間は結構長いです。小濱店長といろいろお話しながら、紅茶を選ばれる方が多いからだそう。その理由は納得できます。

今回試飲の予約はしなかったので、持ち帰り用に「ラ・テイエール」の紅茶を買ってみることにしました。

「ラ・テイエール」のコンセプトは「あなたにお似合いの紅茶がきっと見つかる」。

ということで、小濱店長に暑いこの時期、ホットでもアイスでもいけるおすすめの紅茶を聞いてみました。

小濱店長が、私におすすめしてくれた紅茶がこちらです。

  • 横浜元町ブルーマンディ
  • 横浜元町シャイニングライト
  • ダージリン・セカンド・フラッシュ
  • ジンジャー・ハニーレモン
  • ミルキーワッフル

小濱店長とお話して選んだのは、2015年に発売以来、ベストセラーでもあるアールグレイベースの横浜元町ブルーマンディと春夏限定、レモンピールとドライマンゴーの香りがさわやかな横浜元町シャイニングライト。今の時期は暑いので、アイスティーで爽快な気分になりたい!との思いで、選びました。

紅茶を買うとおいしい淹れ方の説明書もついてきます。

いただいた説明書を元に、まずは横浜元町シャイニングライトをアイスティーにしてみました。水の量がちょっと多かったかも?と思いましたが、ドライマンゴ―の甘味とレモンピールの酸味がほどよく、おいしい!

まさに求めていたさわやかなアイスティーの味。これはお店にあった他の紅茶も試してみたくなります。お店のコンセプトでもある、「あなたにお似合いの紅茶がきっと見つかる」は本当でした。

今回私が購入したのは茶葉ですが、ティーバッグもあります。茶葉で淹れるのがちょっと面倒な方は、ティーバッグもあるので安心ですよ。

また横浜市内で「ラ・テイエール」の紅茶が楽しめる場所は、次の通りです。

  • ホテル・ニューオータニ(桜木町)
  • ローズホテル・横浜(中華街)

セレブ感あるホテルで出されていることを知ると、さらに興味がわきますよね。

コロナ・ウィルス感染による行動制限は解除傾向にありますが、外へ行くのに戸惑いがある方も多くいらっしゃることでしょう。おうちですごす時間のお供のひとつに、「ラ・テイエール」の紅茶を入れてみてはいかがでしょうか。

店頭でもネットショップでも購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

横浜元町 紅茶 ラ・テイエール
住所:神奈川県横浜市中区新山下1-2-1丸善ビル1F
アクセス:東急・みなとみらい線「元町・中華街」5番元町出口より徒歩2分
TEL: 045-621-5730
営業時間 10:30~19:00
定休日:水曜 不定休 

※新型コロナウィルス感染拡大等により営業時間等が記載と異なる場合があります。訪問時は事前に公式HP等でご確認ください。