陽の当たる隠れ家食堂でランチを♪大倉山「pukutto食堂」

ちょっと息抜きに、陽の当たる隠れ家でおいしいランチをいかがですか?

本日ご紹介するのは「大倉山駅」から歩いてすぐの所にある「pukutto(ぷくっと)食堂」さんです。

隠れ家食堂

東急東横線、「大倉山駅」西口を出て線路沿いに歩いて行きます。

一つ目の角を右に曲がると、駅前のにぎやかさがフッと落ち着きます。

その先に、まるで美術館のようなステキな空間が見えてきました。

コンクリートのスタイリッシュな建物に、中庭の緑がきれいです。

その建物の一角に「pukutto食堂」さんはあります。

味のある木製のお店の看板には、トレードマークと「pukutto食堂」の文字。

にっこり笑顔がぺろりとベロを出しているようなこのマーク、かわいくて愛着がわきます。

横には、「珈琲一杯からどうぞ」の優しい一言が。

そっと誘われるようにガラス戸を開きました。

陽の当たる店内

店内には、二人がけの木のテーブルが3つと、一人がけのカウンター。

シンプルながら、初めてでもどことなくほっとする、落ち着ける空間です。

テーブル横の壁には手書きのジェラートメニューが貼られていました。

メニュー裏に貼られたポストカードも、ちょっとした遊び心に心をくすぐられます。

入口のガラス戸や窓から陽の光が差し込んでくるので、お店の中が明るく照らされて、とても気持ちがいいです。

店内には、二人で楽しくお話ししながらお食事する人や、お一人でゆっくりする人の姿も。

それぞれのお客さんが、「pukutto食堂」さんの空間と時間を満喫しているように感じます。

お店に行ったのはお昼の時間を少し過ぎたくらいでしたが、私が着席してちょうど満席になったところでした。

人気の様子がうかがえます。

鹿児島郷土料理“とんこつ”の定食

さて、いただきましたのはこちら。

「鹿児島郷土料理“とんこつ”の定食」です!

おかずの盛られたプレートに、ごはんとお味噌汁のセットです。

目に鮮やかで食欲をそそられます。

メインのとんこつは、豚バラ肉がほろりとやわらかく、口の中でとろけます。

そして軟骨のコリッコリッとした気持ちいい歯ごたえ!

お肉と一緒に煮こまれた大根には味がしみこんでいて、おいしそうな見た目の色のとおりの味わいです。

隣のかぼちゃやとうもろこしも、それぞれに甘みがあってうれしくなるおいしさです。

真ん中の円い器に入っているのは、こんがりチーズで焼かれたズッキーニ。

「器が熱くなっているのでお気をつけください」

と言われたとおり、アツアツ、ホクホクのおいしさでした。

和風と洋風のミックスがうれしいです。

お店は女性オーナーさんがお一人で切り盛りされています。

話しかけたところ気さくにお話ししてくださったので、人気メニューを教えてもらいました。

「鹿児島郷土料理“とんこつ”の定食」の、おにぎりバージョンが人気とのこと。

甘い物ではプリンも人気だそうです!

「pukutto食堂」さんは、Instagramに投稿されている写真もきれいで魅力的です。

ときどき地元のイベントへの出店もされているようですよ。

港北区内に住んでいながら、こんなにステキなお店があったとは知らず!

みなさまもぜひ、「pukutto食堂」さんのお食事と空間を味わってみてはいかがでしょうか。

pukutto食堂
住所:神奈川県横浜市港北区大倉山3-5-11-A 設計機構ワークス 1F
アクセス: 東急東横線「大倉山駅」から徒歩約1分
営業時間:月~金曜日 11:30-21:00(ラストオーダー20:30)
     土・日・祝日 11:30-18:00(ラストオーダー17:30)
電話番号:050-3479-8491
定休日:不定休
※毎月のお休みはInstagram、Twitter、Facebookでご案内されています。